iPhoneの使い方を動画で解説 > 便利な使い方 > どこで撮ったか確認する

どこで撮ったか確認する


動画のダウンロードはこちら
Quick Timeプレイヤーはこちら
iPhoneでカメラアプリで写真を撮った後、
「あれどこで撮ったかな?」 と思うときがありますよね。

そんなときに役立つアプリが「koredoko」です。
無料アプリですので、ダウンロードしておきましょう → koredokoダウンロード



アプリを起動してみましょう。



起動すると、最近撮った写真が最初に出てきます。

iPhoneのカメラアプリは「ジオタグ」と言って、どこで撮影したか?
という情報を写真撮影と同時に記憶しています。
その「ジオタグ」を地図で見ることができるのが「koredoko」です。



上に出ている地図はグーグルマップですので、
拡大してみることが可能です。



左下のボタンを押せば、他の写真を選んで
どこで撮影したかを見ることが可能です。



右下の「設定ボタン」を押すと、
航空写真にしたり、航空写真+詳細表示 で見れるようにもできます。












便利な使い方トップページへ

iPhoneの使い方動画解説