iPhoneの使い方を動画で解説 > 便利な使い方 > 3Gでスカイプ通話する

3Gでスカイプ通話する


動画のダウンロードはこちら
Quick Timeプレイヤーはこちら
iPhoneを使ってスカイプ通話をする方法を解説します。

通常は「Skype(スカイプ)」アプリを使うと、Wi-Fiでしか
通話はできません。それを「fring」というアプリを使うことで
3Gの状態でも通話ができるようになります。

また、「fring」を使うことで、チャットもプッシュで通知してもらえるので
他のアプリを使っているときでも連絡を逃しません。
ただ、無料アプリなので不具合ありです。
ただ、スカイプアプリを使うよりは有用なのは確かでしょう。

「fring」のダウンロードはこちらから ⇒ fringダウンロード

ではfringを起動してみましょう。




起動して、まずは「New User」を押して、
fringのアカウントを取得しましょう。
UserID NickName パスワード Email を入れたら、
キーボード右下の「Go」を押しましょう。


押すと、すぐにこんな画面に移ります。
ここで「Skype」を選んで、IDとパスワードを入力して
「Log in」を押しましょう。すると、Skypeの右にチェックマークが出ます。
これで成功です。


次に、下の「Buddy list」を押すと、
スカイプの自分のコンタクトリストのログイン状況がわかります。


あとは、通話したいユーザーを選んで指で押し、
「fring Call」を押せば、3G状態で通話できます。





通話を終了する場合は、「End call」を押せば終了です。




このfringが優れているのは、通話ができることともうひとつ
「アプリが起動してなくてもSkypeチャットが通知される」という所です。


たとえば、アプリ一覧にいるときや、
Safariでネットを閲覧しているときなどでも
Skypeのチャットを通知してくれます。



fringを起動してチャットを見る場合は、下の「Goto」を押し、
一覧を押せばチャットの詳細を表示し、チャットできます。






便利な使い方トップページへ

iPhoneの使い方動画解説